真心を持ち輝ける未来へ

昨日卒業式を無事終えることができホッとひといきです。卒業生がそれぞれ担任から名前を呼ばれ、大きな返事をして起立する姿を見たときは、その成長ぶりに驚くとともに大きな感動を毎年覚えます。今年も「オッこの子がこんなに嬉しそうに」とか「この子は手がかかったが、よくここまできたな」「本当に誠実な子供だったな」等々、色々な思いが頭の中を巡りました。そしていつも思うことは、「どの子も幸せになれよ」という思いです。そのためには誠実である事と、挫折の向こうには必ず幸せがあることを信じ立ち上がる勇気を持つこと。この2つを忘れず生きて欲しいものです。

桜ケ丘で三年間頑張った諸君!君たちの可能性は無限です。諦めず、「苦しい時こそ笑顔」の精神で進め。きつくなって振り返りたくなったら、振り返れ。君たちの後ろには必ず桜ヶ丘がついる。 安心して輝ける未来に突き進め。

 

修学旅行

現在気温−3°。実は昨日から信州のサンバレースキー場へ修学旅行で来ています。昨日出発して善光寺で今回の修学旅行の成功を祈願し、今日は朝からスキー実習でした。ほとんどの生徒がスキー、スノーボード共に初心者でしたが、ほとんどの生徒がある程度自由に滑っていたのには、おどろきました。スキー学校の先生方の指導のおかげはもちろんのことですが、この志賀高原の環境のすばらしさも大きいと思います。中国地方のスキー場しかしらない私からするとその規模と雪質には感動の連続で、生徒以上に喜んで滑りました。明日は午前中滑って東京に移動します。今日1日大きな怪我もなく無事に終わったことに感謝して、明日も生徒たちの笑顔満載を願って寝ます。おやすみなさい。

寒中お見舞い

寒い日が続きますが皆さんお元気ですか?本校でもインフルエンザが流行しています。三年生にとっては今からが受験本番、本校の受験生たちもマスクをしたり、自己防衛に余念がありません。中学三年生の皆さんも高校受験を控え風邪には気をつけて下さい。

先日17日に推薦入試、23日に一般入試を終えました。大勢の中学生に受験いただき感謝すると共に、大きな混乱もなく無事終わる事が出来ホッとしています。受験生の顔を見ていると、どの子も真剣な面持ちで一心不乱に問題に向かったり、カチカチに緊張しながら面接の順番を待ったりと、応援せずにはいられない雰囲気でした。ただ、面接が遅くなった中学生の皆さん、先生方本当に申し訳ありませんでした。来年は改善したいと思っています。

昔から、一月は行く、二月は逃げる、三月は去ると言いますが、本当に時がたつのは早くつい先日年が明けたと思ったらもう月末です。あと一ケ月もすれば学校で最大のイベントである卒業式です。我々教員にとっても三年間の集大成、結果の問われる時です。気持ちよく三年生が巣立ってくれるよう、残りの時間は少ないですがもうひと踏ん張りしたいと思います。

 

 

あけましておめでとうございます

  校長の辻岡です。明けましておめでとうございます。本年も桜ケ丘高等学校宜しくお願い致します。

大変ご無沙汰しておりましたが、年も改まり初心に帰り更新していきたいと思います。

元旦をつい最近迎えたと思っていましたら、もう1月も半ば。先日は成人式も各地区で行われ新成人が誕生しました。二年前に本校を卒業した卒業生からも晴れ着で着飾った写真を何枚か送ってきましたが、どれも晴れ晴れとした笑顔でした。彼ら彼女たちの未来が幸多いものとなり、他人のために役立つ人間になってくれたらと祈っています。

本校では1月19日推薦入試、特別入試を行い、23日には一次入試を行います。学校にとっては新入生を迎える第一歩となる非常に大切な行事です。ありがたい事に毎年多くの受験生を迎える事が出来、教職員も少しでも良い状態で受験をしてもらえるよう、緊張しながら頑張っています。今年は耐震関係の改築、改修工事を行っている関係で児受験生の皆さんにはご迷惑をおかけし大変申し訳ありませんが、日ごろの力を存分に発揮して頑張ってください。

 

夢にむかえ

久しぶりに野球部がベスト8になり、県決勝大会に駒を進めてくれました。
応援に行ってみると保護者を始め、多くの桜ケ丘ファンの方々に応援していただき本当に嬉しく思いました。夢の実現のために努力を惜しまぬ子供たち、実現させるために自分の時間もなげうって指導に取り組む先生方、それをサポートする保護者、三者が一体となりまっしぐらでした。
明日ベスト4をかけて試合があります。結果は分かりません。ただ、どうなるかわからない結果にとらわれることなく、やれる事をやり切って欲しいと願うだけです。
夢に向かえ  花を咲かせよ  桜の蕾たち

オリンピックおめでとう

みなさん、おひさしぶりです。長い間更新せず失礼しました。
夏休みも終わり、やっと落ち着いて平常の課業がはじまりました。夏休みの間高校野球・インターハイ・リッターカーレースなど生徒たちの頑張っている姿を見るのも嬉しいものでしたが、大きな事件事故もなく全員が二学期を迎えることができたことが何よりでした。
ところで、昨日みなさんもご存知東京オリンピック開催が決定しました。
私も気になり五時半には目が覚めインターネットを見たところ決定の文字。
いゃ〜うれしかったですね。あと七年後、体に気をつけぜひこの目でみてみたいものです。できたら卒業生が出場するのなんかが見れると最高でしょう。それにしても素晴らしい。未来に明るい夢と希望を与えてくれました。本当に昨日から明るい気持ちにさせてもらって感謝しています。
きっとこれで日本は元気になります。みなさんも明るく進み、みんなで成功させましょう。

今を全力で

校長室から見える緑も鮮やかで、一年の中でも最も爽やかな時期となりました。
この時期校内ではま近に迫った県総体にむけ最も活気にあふれる時期を迎えています。
三年生にとっては負ければ最後の試合。下級生にとっては先輩と出場する最後の試合。どちらのしても思い入れの多い試合となります。応援する者としては力を出しきってくれることを祈るばかりです。

「今を力いっぱい」頑張れ桜ケ丘生。

桜満開

桜も連日の強風ですっかり花はなくなりましたが、今度は緑に生い茂る葉が、私たちに新しい息吹を感じさせてくれています。
本校も4月8日周南市長 木村健一郎様をお迎えして無事入学式をすることが出来ました。224名の新入生を迎え、今学校の中も新しい息吹で一杯です。
これから、この子たちの高校生活が素晴らしいものとなるよう今年度も精一杯サポートしていこうと思いますので、皆さんよろしくお願いします。
では、今回はこのへんで。

夢なき者に 成功なし

昨日無事、平成25年度の入学説明会が終わりました。
桜の花も校名に違わぬがごとく咲き乱れ、入学生の前途を祝っているかのようでした。二百名を超える入学生と保護者の皆様の前で挨拶をしましたが、どの顔も、目もしっかりとこちらを向いて、新しい生活への期待と不安とそれにもます意気込みを感じました。

我々が子どもたちに関われるのは長い人生の中でたった三年間ではありますが、その三年間はどの時代よりも繊細で、敏感で、成長する最も大切な時期です。その責任を思うと身震いがしますが同時に「よし、やってやるぞ。我々にまかせとけ!」という気持ちがふつふつと湧いてきます。
新入生の皆さん、挨拶でも言いましたがこれから3年間、一緒に手を取り合い夢の実現に向かっていきましょう。

夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、

計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし

故に、夢なき者に成功なし。

卒業おめでとう

平成24年度卒業式を無事終えることができました。
卒業生の諸君には心こからお祝いを、保護者の方々にはお礼を言いたいと思います。壇上から見る卒業生の顔は、どの顔も喜びと、感動と、安堵とに満ちあふれた卒業式ならではの顔をしていました。三年前入学してきた時には、まだまだ子どもの顔をしていた生徒たちが、見違えるほど逞しくなっていたのには驚きました。この時期の三年間ほ本当に大切な時期だということを再認識しました。

今年の答辞を読んだ卒業生実は剣道部の生徒でした。この代は国体の後の代で特に頑張った子ども達で思い入れの強い代でした。答辞で思い出を語った時には壇上で実は号泣していました。涙を拭くわけにもいかず顔はグチャグチャになっていましたが、この年で嬉しくて泣けるというのは教師って本当に幸せな仕事だとあらためておもいました。その他にも多くの生徒との思い出のある学年でした。

我々は子供を育てているつもりでも実は育てられているそんなことを今実感として感じています。とても感動的な素晴らしい卒業式でした。
卒業生の今後の幸せを祈りつつ、来年も今年のような感動的な卒業式を迎えられるよう教職員一同頑張って行こうと決意を新たにしました。