教育実習

梅雨本番となり、毎日が蒸し暑く人間にとっては過ごしにくい時期ですが、木々にとっては大切な時期で、日に日に緑が濃くなり命をみなぎらせています。そのような中、現在本校では2名の教育実習生を受け入れています。両名共本校の卒業生で在学中の面影を残しつつ、緊張の中にも成長した大人の面持ちで頑張っている姿を見ると、大変嬉しく泪が出そうになります。実は私も遥か昔ここ桜ケ丘で教育実習をさせて頂きました。当時の自分に重ね合わせ現在の自分を省みる時、教育実習生から学ぶことの多いことに正直驚きました。しかし、若いということは素晴らしい、自分にもこのような時代があった事を懐かしみながら、無為に過ごした事を悔やんでいます。皆さん時は流れます今の一瞬を無駄にせず「瞬間善処」で生活しましょう。

さてこの時期中国大会真っ盛りです。今年は残念ながらインターハイ出場は少数ですが、中国大会に多くの生徒が出場します。それぞれが持てる力を充分発揮し、若者らしいハツラツとした悔いのない大会にしてくれる事を祈ります。  頑張れ桜の蕾達