校長室から

桜の花が咲きました

全国的に桜の開花宣言がありましたが、本校の桜も一輪二輪と咲き始めました。これが入学式あたりには満開となり新入生を祝ってくれます。本当に桜はいいですね。楽しくなります。その楽しさに乗せられ今日はいろんな事をお知らせしたいと思います。

まず、本校では新入生の入学説明会を今日実施しました。多くの新入生の顔を見るとどの顔からもパワーが溢れ、一足早く体育館の中は若桜満開状態でした。山縣源四郎先生の建学の精神の下、夢を与え、夢を実現する学校づくりを今年のテーマとし生徒たちと進んで行きたいと強く思いました。それから今日もう一つ嬉しいことがありました。新しい校舎が完成し引き渡しがありました。去年の6月から工事を始め10ヶ月、真新しい校舎の完成です。新学期からは生徒と一緒に新しい校舎でまた、学校生活を積み上げていきたいと思います。生徒諸君汚すなよ!と、嬉しい楽しい事ばかりなら本当に良いのですが、好事魔多しのたとえ通り人生いろんなところにおとしあながありました。実は今週の月曜日健康のためのウオーキング中、道を踏み外し田んぼに落ちて溝のコンクリートで膝を打ってしまいました。幸いに骨は折れていませんでしたが像の足のようになりこんなに痛い思いをしたのは久しぶりでした。高さは1メートル20位のところから落ち、田んぼに倒れたまま友人や家族に電話したら、心配しながら大笑いされ本当に泣きたくなりました。ちなみに原因はスマホを見ながら歩いたことでした。皆さん絶対に歩きながらスマホはいけませんよ、毎日反省の今日この頃です。

何はともあれ新年度が始まります。新しい校舎、新しい学年、新しい学校気持ちを新たにする絶好の機会です。与えられた機会を逃さず、与えられた状況の中ベストを尽くして行きましょう。